姫路コラム

【姫路おでん】は女性に嬉しい食べ物?おでんで美肌・冷え性改善!

冬になると恋しくなるおでん。日本料理の煮物の1種で、代表的なおでんの具は、大根・ゆでたまご・昆布・こんにゃく・こんにゃく・ちくわ・しらたき・巾着・厚揚げなど。


おでんといっても、全国各地に様々な種類のおでんがあります。


おでんのルーツは味噌田楽。
昔はおでんというと、昆布だしで炊いた具材に甘味噌をつけた田楽のことでした。


おでんも進化し、味噌で煮込んむようになりました。江戸時代に入り醤油が開発され、醤油風味のダシで煮込む現在のようなおでんが食べられるようになったそうです。


おでんの主流は昆布だしに薄い醤油味の関西風。濃い醤油を使用しているものを関東煮(かんとうだき)と呼びます。


全国の変わり種おでん


地方によって、入る具材や味付けに違いがあります。


関東煮はタコがはいるのが特徴。一時期注目をあつめた真っ黒なつゆで煮込む静岡おでん。
名古屋を中心とした東海地方では、八丁味噌をベースに甘めの汁で煮込んだ味噌おでんがあります。また、モツと大根・こんにゃくを煮込むおでんの一種 どて煮が有名。
沖縄のおでんは、てびち(豚足)をメインのおでん。地域ごとに特産物などを取り入れて、変わり種のおでんに進化しています。


姫路おでんもすこし変わってます。
おでんを生姜醤油で食べるんだそうです!関西風でも関東煮でも、生姜醤油を上からかけたり、、つけて食べれば、すべて姫路おでんと言うんだそうです。


姫路おでんは、姫路を中心に加古川から相生あたりでの独特なおでんの食べ方を、食で町おこしをしようと命名され、広まったものだそうです。


醤油で煮込んであるのに、さらに生姜醤油をかけるの!?と不思議です・・・
辛くないのかな??


おでんって、ダイエットに最適な美容食と言われます。
また、姫路おでんは生姜をつかうので冷え性改善にも効果がありそうですし、冬は身体が温まりそうです。


ダイエット時のおでんの効率的な食べ方は、まず食物繊維が豊富なだいこんやこんにゃく・しらたきから食べます。
次に、牛すじやタコ・たまご・大豆製品の厚揚げや練り物のたんぱく質。
さいごに、ちくわぶや餅巾着などの炭水化物を食べるようにすると太りにくいようです☆


大豆製品やGI値が低い食品を食べていれば、ダイエット効果だけでなく、美肌や抑毛にも効果がある可能性もあり、女性の身体にとって嬉しい食べ物なんです。
GI値が高い炭水化物(白米や菓子パン・パスタ・イモ類・砂糖など)は体内の血糖値を急激に上げ、インシュリンが大量に分泌されます。そうすると、ムダ毛の大敵 男性ホルモンの分泌が促進されてしまい、ムダ毛を刻する原因になっているかもしれないのです。


ダイエット・ムダ毛・冷え性に悩む女性は姫路おでんを是非試してみたいですね。