姫路コラム

姫路城 3Dプロジェクションマッピング鑑賞でみかけた毛モジャ カップル(笑)

天守閣保存修理を終えて一般公開が再開された姫路城。
第66回の姫路城お城まつりで行われた、3Dプロジェクションマッピング。


大天守だけでなく、西の小天守やチの櫓、石垣までもスクリーンにしてしまう壮大なプロジェクションマッピングだったそうです☆
世界遺産・国宝 姫路城が伝統と共にあゆんだ歴史や、今後の未来をテーマにした「姫路 光絵巻 HAKUA‐新たなる羽ばたき‐」。


序の章‐誕生‐、伝の章 ‐伝説‐、華の章‐伝統から現代、未来へ‐、結の章‐結び‐のとテーマを4章に分けて構成。
地元の小学生が描く、こんな姫路城がみてみたい!も投影されました。


プロジェクションマッピング大好きなワタシも、すっごくみたかったんですが、一般公開が再開されたばかりのお城まつり。非常に混むことが予想できたので残念ながら今回はスルーしました。


以前、大阪城の3Dプロジェクションマッピングを見に行ったことがありますが、かなり良かったです!
お城の伝統や歴史のイメージと違うから。という反対意見もあるようですが、ワタシは意外な一面を見られるこのイベントは賛成ですね!


当時、ハウステンボスや東京駅など洋風の建物でしか行われていなかくて、初めてお城でのマッピング。
城マニアから映像・イルミマニア、ファミリーにカップルなどなど、集まっていましたね?


ワタシの前で見ていたカップル、ものすごくKY(空気よめない)で、後ろに人がいるのに手を上にあげて動画撮ろうとしてて・・・
背が低くてただでさえみにくいのに、そんなことされたら全然見えなくなってしまう・・・
しかも、腕まくりした毛モジャの腕しか見えない・・・冬なのに汗臭いし!って思ってたら、一緒に行った友達(男の子)がガツン!と注意してくれて、おかげでなんとか見ることができてよかった(*´∀`*)


ああいうところに行くと、常識あるかどうかや、自己中心的かどうかがよくわかります。
自分も観たいけど、まわりにいる人も観たいから来ているんです。譲り合って気持よく鑑賞したいものです。


近くでマッピングを見終わってから、屋台でご飯食べながら遠目でマッピング見てたら、またまたさっきの毛モジャ男のカップルが目の前に・・・
彼女とめっちゃイチャイチャしてるけど、毛モジャだとくっついて痒くならないのかな?
ワタシは、男性でもツルツルの綺麗な肌の方が好きなので全く受けつけませんが、毛フェチの人は、むしろモジャモジャの方がいいんですかね?
理解し難いですが、これもまた好みですね・・・