脱毛こらむ

脱毛サロンでの脱毛期間と毛周期の相関関係について


サロンや医療施設での脱毛の施術を受ける場合、大抵は6回から12回程度の施術をすることになります。回数としてはそれほど多くなく短期間が終わりそうに感じるかもしれません。


しかしながらほんの数回の施術でも回数を完了させるまでには長い時間を要してしまうことがあるのです。長い時間が掛かってしまうのは毛周期が理由であり、毛周期を踏まえながら施術を進めていくのが基本です。


毛周期とは何かと言えば要は毛のサイクルです。体毛に限らず全身の毛は成長したり、成長がストップして抜け落ちることがあります。


これは成長期・退行期・休止期という期間が存在することによって生えたり抜けたりするのですが、脱毛の際にもこのサイクルをきちんと意識して行う必要があるのです。理由は成長期以外のタイミングですと効果が低くなるからです。


成長期は毛根がしっかりと毛穴に定着しておりぐんぐん毛も成長していきますが、このタイミングですと施術の効果も最大限に発揮することができます。しかしながら退行期や休止期の場合は成長が止まったり毛根の活動も停止している状態ですので施術を行っても殆ど効果はありません。


そしてこのサイクルは個人差だったり部位によって違いがありますが、大体1ヶ月から3ヶ月程度となっています。さらには全ての毛が一挙に同じタイミングでサイクルを繰り返すのではなく、バラバラのサイクルとなっています。


このようなサイクルがあることから施術をする際には成長期のタイミングを待つ必要があり、一気に施術を進めることはできないのです。ですから1ヶ月に1回?2回程度の施術を進めるペースになりますし、施術を受ける回数が多ければ、時には2年程度の期間が必要になってしまうこともあります。


脱毛を完了させる為に長い時間が必要になるのは以上のような毛周期が存在するのが最たる理由です。なお、肌の為にもある程度の間隔を空けることが大切ですので、肌を傷めない為というのも理由のひとつです。