脱毛こらむ

敏感肌でも安心して脱毛するために


脱毛をしたい人の中には、何をやっても肌荒れしたり肌にダメージが起きる人というのはいるものです。これは体質が元で起こることなのですが、化粧水がしみたり肌トラブルが起きやすい人のことを敏感肌といいます。


特徴的なのは、肌に湿疹やかゆみ、赤みなどが出来やすいということでしょう。何をつけてもダメで、敏感肌用のシンプルなスキンケアを心がけて使っているひとが多いという特徴もあります。


このような人にとって脱毛はあまりメリットがない場合も多いのですが、それでも脱毛をしたいのなら、いくつかの方法があります。


ひとつは医療機関での脱毛です。これはいわゆる皮膚科・美容皮膚科などで行っている脱毛サロンです。このようなところは専門的な視点から様々な配慮をしてくれますし、皮膚科なので何かあった時のケアやアプローチも期待できるでしょう。ただし事前に診察が必要な場合は絶対に診察を行う必要があります。


もし行きつけの皮膚科が脱毛を行っているのなら、そこで処理をしてもらったほうがいいのかもしれません。あるいは医師に相談して肌に良い敏感肌向けの脱毛を取り扱っているサロンを紹介してくれる場合もあるでしょう。


もう一つはお試しを受ける方法です。お試しとは、そのサロンで一回だけ試しに施術を受けることができるというもので、敏感肌の人がサロンに通う前には必ず行っておきたいところでしょう。肌に強い光エネルギーを与えるので、赤みが出るのは健康な人でも時に起こることです。ただしその赤みの引き方や使うジェルの相性などを考えて施術を受けてみて、契約はその後にする、というようなことも方法でしょう。


また、お試しコースや体験を受ける前に、必ず「敏感肌でこういう肌の症状があります。それでもこのサロンで脱毛しても大丈夫でしょうか」ということを相談しておくのも方法です。サロンで詳しい話を聞いて症状を伝え、場合によってはNGとなることもありますし、もちろんokとなることもあります。