脱毛こらむ

脱毛サロンの契約はクーリングオフの対象?適用の条件は?


脱毛サロンの中にはいろんな制度があり、最近ではクーリングオフの対象かどうかについて気にする利用者も多くなっています。このクーリングオフの制度とは一体何でしょうか。


クーリングオフとは、契約したあと一定期間は無条件に契約を解除することができる特別な制度のことを言います。適用されるのは訪問販売や電話勧誘、マルチ商法や連鎖販売取引、内職商法なども含みます。脱毛や痩身などのエステティックサービスも該当し、脱毛サロンでの契約も含まれます。ただしエステのサービスの場合は条件として、エステティックサービスの場合は期間が1ヶ月以上、代金が5万円以上の契約ではないと適用されません。


また、契約して契約する法定書面を受け取った日を一日目として8日目までがクーリングオフが使える期間です。つまり、それ以降の期間になるとクーリングオフはできません。また、契約書面をもらっていないのならその受け取った日がまだ来ていないのですから、もちろんクーリングオフの対象となります。


ただし、契約後に何らかの事情があって解約したい場合は受け付けていないのかというとそうではありません。回数制のサロンの場合、契約して代金を支払った回数から施術を受けた回数やパーツの数などを引いた残りの数が返金されます。


一方、回数無制限のサロンの場合、それぞれの脱毛サロンごとに違うのです。特に、完全脱毛保証や通い放題としているプランは解約時に返金がない場合もあれば、普通に施術を受けた回数分だけ計算して残額を返金する、というようなこともあります。


月額制の場合はいつでもやめることができますので、簡単に通うのをやめることもできます。ただし解約時に「必ずこの回数分は通います」という契約をしていた場合、その代金などを請求されることもあります。


ちなみに解約の際に追加料金としての解約手数料などをとられるサロンもあります。これは残り金額の10%程度が多いようですが、一部サロンはそのような代金をとっていません。この場合、手数料を引いた残りを返金することになります。