脱毛こらむ

脱毛効果とホルモンバランスの崩れの相関関係について


ムダ毛の処理を行う方法として、自己処理をする以外にクリニックやサロンによって施術を受けることを選ぶ人もいるでしょう。


それぞれの施設ごとに異なる施術の方法が採用されていますが、脱毛処理を受けたときに十分な効果が得られるかどうかは、毛量や太さなどの個人差の他にもホルモンバランスも関係していると言われています。


女性の場合には特にストレスが過剰になることや、睡眠不足や生活習慣が乱れることなどが原因となって、ホルモンバランスが崩れることが多くなります。


また、痩せたいという願望を持っている人であれば、ダイエットをすることも考えられますが、ダイエットをし過ぎることもホルモンバランスが乱れる原因の1つとなります。


クリニックやサロンで行われている脱毛施術は、1回だけで高い効果が得られるというものではなく、一定の期間ごとに施術を受ける必要があります。脱毛施術は光やレーザーを使用する方法が採用されていますが、これらは現時点で見えている毛に対して熱を与えることで組織の破壊を行うことで、ムダ毛の処理を行っています。


そのために処理が行える部分は、生えている部分の毛だけとなりますが、実際の肌には生えていない毛根も数多く存在しているために、完全な脱毛効果を得るためには毛周期に合わせてクリニックやサロンに通う必要があります。


様々な生活習慣の乱れなどによって、ホルモンバランスが崩れてしまっていると、毛の成長に影響を与えますので、通常の毛周期どおりに毛が成長しない可能性が出てきます。


毛が濃くなることや薄くなってしまうようになって、計算した通りの毛周期で脱毛処理が行えなくなってしまうことによって、思ったような処理の効果が期待できなくなります。


サロンによっては施術を受ける前のカウンセリングで、月経周期などを確認してホルモンバランスが正常かどうかを調べてから、施術を行うところもあります。施術を受けるときには体調面のことも考えて、整っているときに受けることが理想的であると考えられます。