脱毛こらむ

脱毛前・脱毛後におさえておきたいポイント

脱毛サロンで脱毛をしたいと十分にお店を検討していざ契約しようとする時、今一度立ち止まって再確認したい注意事項がいくつかあります。



まず初めに「料金と部位に納得がいっているか」どうかです。よくありがちな事が追加でここの部位もしたいとなるとトータルで脱毛サロンに通う期間が長くなってしまいます。複数で契約すればお得になるケースもあるので事前によく考えて料金面でも負担のない範囲で契約したい所でもあります。反対に一気に契約して効果が出なかったら不安という人は比較的始めやすい箇所だけをお試しで初めても良いでしょう。


次に「契約を出来ない人もいるので条件に当てはまっているかを確認する事」です。特に日焼けしすぎている人はメラニンを多く含んでいる状態な為、施術をする事で火傷の危険が伴う事があるので施術自体をお断りする事があります。この為、契約しようと決めたら紫外線対策をして日焼けをしないように努めます。


また、妊娠中の女性はホルモンバランスが乱れやすく、毛周期も乱れて脱毛効果が期待出来ない為、契約を中断もしくは契約自体出来ない事もあります。脱毛は少なくても1年以上はかかるので妊活中の方は出来る限り契約を延期した方が良いでしょう。もしくは妊娠が解った時点で中断となるので中断した際の対応について調べておきたいところです。その他にも持病がある人等も施術が受けれない事があるので事前に確認しておきます。


最後に「予約ができるかどうか、スタッフの応対はどうか」です。候補となる店舗を見つけたら予約の取りやすさやスタッフの応対も出来ればチェックしたい所でもあります。長く通う場所だからこそ、予約が取れにくいでは自分のスケジュールが調整しなければならず、ストレスになるでしょう。


また、スタッフも毎回行く毎に勧誘をしてきたりと憂鬱になるのではせっかく綺麗になれる場所なのに苦痛になってしまうでしょう。スタッフの応対ではお試しキャンペーンなどで確認したりできるのでチェックしておきたい所でもあります。


脱毛後のポイント



脱毛サロンへ行った後は肌の為にも気を付けたいことがあり、基本は保湿をきちんと行うようにすることです。施術の際には光やワックスなどで脱毛をしますが、これらの施術を受けた後は肌が敏感になっています。肌は本来皮脂によってバリアが張られているものの、施術後はバリアが破壊されていますので外的な刺激を受け易い状態になっているのです。


もし放置してしまうと外部からの刺激によって肌が荒れてしまう恐れがありますから、肌を保護する為にも保湿を行う必要があります。


刺激に敏感になりますので肌への負担になるようなことにも気を付けなければいけません。


例えば紫外線に長く当たるようなことは避けた方が良いでしょう。バリア機能が弱っている状態で紫外線を受けてしまうと肌トラブルだけでなくシミの原因にもなってしまいます。その為、施術を受けた後はできるだけ室外には出ないように注意するなどの配慮が大切です。


衣服にも気を配った方が安心と言えます。かたい素材だったりすると皮膚と擦れて摩擦ダメージを受けることがありますので、優しい素材の物を選んだり、あまり肌に触れないような服装を心掛けた方が良いでしょう。


顔の脱毛をしている場合はクレンジングにも注意が必要です。脱毛をした後しばらくは乾燥が続くことがありますが、その状態でクレンジングをしてしまうのはあまり肌に良いことではありません。できるだけ肌への負担を小さくする為にもナチュラルメイクを心掛けるなどしてクレンジングの時間が短くて済むように気を配った方が良いと言えます。


その他にも注意したいのがなるべく肌を温めないようにすることです。例えば長く湯船に浸かったりサウナに入るなどしてしまうと血流が良くなってしまいますが、血流が良くなると赤みやぴりぴり感が出易くなってしまうことがあります。脱毛箇所は極力冷やした方が良い為、温め過ぎには注意が必要です。特に冬場はうっかり温めてしまいがちですから特に気を付けた方が良いでしょう。